2010年9月12日 (日)

イメージを残すこと

お客さんは『何をしてくれたか』は覚えていないかもしれない。
でも、『どんな気持ちにさせてくれたか』は決して忘れない。

石塚しのぶ『ザッポスの奇跡』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良くも悪くも「気持ち」は忘れない。
後々まで、イメージが残る。
そのイメージは、きっとその企業の印象を決定づける。
これは、サービス業としてきわめて大事なことなのだが
実はきとんと理解されていないかもしれない。
イメージだ、イメージ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

飛べよ、首!

「舌打ち」をしたら、首から上がぽんっと吹っ飛ぶ仕様になって
いればいいのに。

穂村弘『絶叫委員会』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本のなかで、最も短くて最も完璧な逆効果発音は「舌打ち」
で、世界全体に対して逆効果だと言っている。
同感。
「ちっ」という音で、全てが暗転するくらいだと思う。
舌打ちをするほうの、その時の気持ちも含めて、全てが暗転、
もしくは、終了。
でも、
こんな仕様だったら、ぽんぽんっと至る所で音がしそうで、
ちょっとコワイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

何事も具体的にすること

目標が具体的かどうか

ちょっとしたことだが、ここが成功する人としない人
との決定的な差だ

柳井正(ファーストリテイリング社長)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

具体的であるということは
その時点ですでに一歩踏み出している
具体的にならないかぎり
前には進めない
具体的にするということは
頭の中が整理され
自分がどう進むのかが
提示されているということだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

深さについて

むずかしいことをやさしく
やさしいことをふかく
ふかいことをゆかいに
ゆかいなことをまじめに
書くこと

井上ひさし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文章を書くこと
人に伝えること
物事の深さ
それをあらためて考えさせられることばです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

絶望するな。

元気で行かう。絶望するな。では、失敬。

太宰治『津軽 』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太宰に絶望するな、といわれても
ともおもうのですが、
太宰は人一倍絶望したくないと思っていたのではないのか、
と思います。
元気で行きたかったのだと思います。
でもカラダとココロが元気に行けなかった。
ことばは太宰そのものです。

太宰のことばはやさしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

真っ当

「運」の質を決定づけるのは、紛れもなくそれらの行動や考え方に
どれだけ「真っ当」さが含まれるかによるからです。

桜井 章一『運に選ばれる人 選ばれない人 』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近、真っ当、ということを考えることが多い。
真っ当に仕事をすること
真っ当に人とつきあうこと
真っ当に生きること
何事も真っ当にしようとするとけっこうしんどい
でも真っ当にしないと自分に力がつかないし
真っ当にすることが一番強い
そう考えれば、
運の質が「真っ当さ」に関連してくるのは
当然のことなのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

当事者意識はあるか

不満分子で終わってはいけない。

寺島実朗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

組織に所属している限り「不満」は、
多かれ少なかれ生まれるものではないかと思う。
その時に、その不満を訴えるというのもアリなのだと思うが、
不満を言い放つだけで良いのか、ということだ。
自分は確かにその組織の中でどうこうできるような
立場ではないし力もない、
だからといって、不満をなんとかしてくれ、
と言っているだけでよいのか。
そういう状態について、いつもどこかで違和感をもっていた。

少なくてもその組織に所属しているのであれば、
いくら力がないといえども、自分もその組織の一部なのである。
そうだとすれば、
他人事のように「どうにかしてくれ」でいいのか。

不満分子で終わってはいけない、ということばは
会社や地域、国や家族にもあてはまりはしないだろうか。
その中に所属しておきながら、
さも自分はそのなかにいないかのように
不満だけを言い放つのはいかがなものだろう。
結局、不満を言っているだけでは何も進まない。
自ら当事者意識を持つことで、
思考や行動が変わるのではないか。

このことばは、
最近の世の中にも当てはまるし、
自分自身にも痛いことばでした。
当事者として考え行動しているか、
と自分に問いかけなくてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

さみしさの解決法

あのね、自分のさみしさにかまけていると、
さみしさはなくならないよ。
そういうときは他人のために何かするんだ。
ボランティアでもアルバイトでも。
そうやって自分を他人とシャッフルして忙しくする。

谷川俊太郎『ほぼ日刊イトイ新聞ー谷川俊太郎質問箱ー』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷川さんの答えは、
胸の中に沁み入るものが多い。
質問に「答えている」というよりは
質問を抱える気持ちに「応えている」という感じがする。
自分の抱く質問自体を考え直させるような
そんな答えに涙が出そうになることもある。

人は自分以外の人との関わりの中で生きていくもので、
自分以外の人のことを考えることで
自分の位置を確認しているのかもしれない。
あまりに自分のことばかり考えすぎると
自分の立ち位置がわからなくなって道に迷ってしまうのが
さみしさなのかもしれないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

考えることをあきらめるな。

なぜにぶつかったら、そこに立ち止まって考える。
これしか人間の生き方はないのかもしれない。

疑問がわいたら
止まれ止まれ 急がずに止まれ
人間にとって
一個の疑問符は
世界の重さと同じ
とっても大事
止まれ止まれ
あわてずに止まれ

井上ひさし『兄おとうと』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井上ひさしさんが亡くなりました。
わかりやすいことばで
深いところを教えてくれたような気がします。
昨年、こまつ座のお芝居で観た『兄おとうと』でも
心に残ることばがいくつもありました。

流されるな。
考えろ。
心に浮かんだ疑問を押しつぶしてはいないか。
見て見ぬふりをしてはいないか。

今の自分はどうか。
立ち止まるべき時ではないか。
心に浮かんだ違和感を
考えることをあきらめてはいないか。
生きている私たちが考えろ。
考えることしか生きる道はないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

春のかなしみ

あの青い空の波の音が聞えるあたりに
何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまったらしい

透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった

谷川俊太郎『かなしみ』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春になると悲しくなる
その悲しみは
この詩のなかの悲しみに似て
春になると
この詩を思い出す

春は新たな明るい季節というけれど
私にとっては
どうもそうではないらしい
どちらかというと
失う季節だ
今まで失ってきたものを
ふと思い出させる季節だ

桜は咲き
そして風に散り
そうやって今年もきっと春を乗り切る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«真っ当なことを真っ当におこなうということ