« ハニカミを知れ | トップページ | キラキラヒカルガラス玉をつくる »

2010年2月10日 (水)

涙はあまいかしょっぱいか

なみだは人間のつくるいちばん小さな海です
寺山修司『人魚姫』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寺山修司はやさしいなぁ。
この言葉を目にするたびにせつない想いになります。
それでも、なぜかココロが温かくなります。
とてもとても繊細で
硝子のような言葉に思えます。

なみだの海には
きっと、色々なものがたりがあって
蒼く深く
そしてしょっぱい
でも、どの海も美しいのです

そういえば、
涙が出る時、カラダが熱くなるのは
ココロが冷たくならないようにするためなのか
なんて考えてしまいます。

|

« ハニカミを知れ | トップページ | キラキラヒカルガラス玉をつくる »

作家のことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1329198/33409779

この記事へのトラックバック一覧です: 涙はあまいかしょっぱいか:

« ハニカミを知れ | トップページ | キラキラヒカルガラス玉をつくる »