« 真っ当なことを真っ当におこなうということ | トップページ | 考えることをあきらめるな。 »

2010年3月24日 (水)

春のかなしみ

あの青い空の波の音が聞えるあたりに
何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまったらしい

透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった

谷川俊太郎『かなしみ』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春になると悲しくなる
その悲しみは
この詩のなかの悲しみに似て
春になると
この詩を思い出す

春は新たな明るい季節というけれど
私にとっては
どうもそうではないらしい
どちらかというと
失う季節だ
今まで失ってきたものを
ふと思い出させる季節だ

桜は咲き
そして風に散り
そうやって今年もきっと春を乗り切る

|

« 真っ当なことを真っ当におこなうということ | トップページ | 考えることをあきらめるな。 »

詩人のことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1329198/33923102

この記事へのトラックバック一覧です: 春のかなしみ:

« 真っ当なことを真っ当におこなうということ | トップページ | 考えることをあきらめるな。 »